03-6315-7067

営業時間:9:00〜18:00

キャリアパス規程の作成手順について

■キャリアパス規程の作成手順について

処遇改善加算を取得するためには、まずはキャリアパス規程を作成する必要があります。

ただ、どのように作っていったらよいかはわからない方も多くいることと思います。

今回は簡単な順番を記載したいと思います。細かい詳細はまた時間が取れたらまた書きたいと思います。

1. 階層を設ける
・上位は役職を拠り所にする。
・役職のないところにも階層を設けるようにする。
・階層は現状ではなく「あるべき論」で構築する。

2. 階層ごとに名前を付けて、定義付けする。

3. 業務内容を設定する。

4. 求められる能力などを設定する。

5. 必要な研修を設定する。

6. 給料を設定する。

7. 昇給条件を設定する。

上記については、一つ一つ重要なポイントがあるのですが、ここでは記載しきれないので、今回は全体像だけ書かせていただきました。

最後に

キャリアパス規程を作成することはもちろん大切なことですが、さらに重要なのはその作った規程を運用し、機能させていくことです。
そのためには、キャリアパス制度の規定に関する説明会を開き、職員へ周知、理解を得られるようにしましょう。
そして、実際には稼働させた後も、運用しながら気づく部分もあるので、随時見直し、修正などアップデートしていくようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

無料レポート:グループホーム開業方法 バイブル


このバイブルをご活用いただくことで、

  • 他の士業の先生は、手続きのことがメインです。でも当事務所ではその後の経営のコンサルタント、アドバイスまで、親身に、全ての関連する作業をワンストップサービスで提供します。
  • グループホームの開業はもちろん、それ以外の例えば労務や個人的な相談、将来のことなども相談ができます。
  • グループホーム開業と経営に関するすべてのノウハウや専門家と提携しているので、オールインワンで対応します。
  • 士業であり、また障害福祉サービス事業の理事もしているので、同じ経営者として悩みや大変なことなどを共感。一人じゃないと安心して開業までたどり着けることができます。

といったことについて、解説します。

ぜひ、あなたのビジネスにもご活用下さい。