03-6315-7067

営業時間:9:00〜18:00

住宅セーフティネット法活用進まず、周知や手続きに課題

■ 住宅セーフティネット法活用進まず、周知や手続きに課題

昨年10月に住宅セーフティネット法が改正され、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅としてオーナーが都道府県などに登録すると、その情報を要配慮者に提供できるようになりました。

非常に画期的な改正となりましたが、現状登録は進んでいないようです。

7月2日時点でセーフティネット住宅の登録戸数は1034戸でした。

2020年度末まで17・5万戸、年間5万戸の登録を目指してスタートしましたので、現状は厳しい数字です。

この要因にはオーナー側の認知がまだ進んでいないことと、手続きの煩雑さが挙げられるのではないかと思います。

手続きに関しては7月10日に施行規則の改正などにより、申請書の記載事項や添付書類などを大幅に削減し、更なる登録促進を行って
おります。

その結果、9月6日現在では、全国に3619戸となり効果も出ています。より一層の周知が進んでいくことに期待したいです。

当事務所としても、制度が定着していくように周知に努め登録業務の代行業務を率先して受注していく予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

無料レポート:グループホーム開業方法 バイブル


このバイブルをご活用いただくことで、

  • 他の士業の先生は、手続きのことがメインです。でも当事務所ではその後の経営のコンサルタント、アドバイスまで、親身に、全ての関連する作業をワンストップサービスで提供します。
  • グループホームの開業はもちろん、それ以外の例えば労務や個人的な相談、将来のことなども相談ができます。
  • グループホーム開業と経営に関するすべてのノウハウや専門家と提携しているので、オールインワンで対応します。
  • 士業であり、また障害福祉サービス事業の理事もしているので、同じ経営者として悩みや大変なことなどを共感。一人じゃないと安心して開業までたどり着けることができます。

といったことについて、解説します。

ぜひ、あなたのビジネスにもご活用下さい。