03-6315-7067

営業時間:9:00〜18:00

第三者評価の受診の勧め

■第三者評価の受診の勧め

第三者評価とは、障害福祉サービス事業者の提供するサービスの質を当事者(事業者・利用者)以外の公正・中立な第三者機関が、専門的かつ客観的な立場から評価する事業をいいます。

1.目的
(1) 個々の事業者が事業運営における問題点を把握し、サービスの質の向上に結びつける。
(2) 福祉サービス第三者評価を受けた結果が公表されることにより、結果として利用者の適切なサービス選択に資するための情報になる。

2.第三者評価の内容
福祉サービス第三者評価は、法人・サービス事業、施設等の経営理念に基づき提供される福祉サービスの内容・提供体制の整備状況や福祉サービスの質の向上に向けての全組織的な取り組みについて専門的・客観的な立場から評価することをいいます。
事業所で提供されている「福祉サービスの質の向上」を目的として評価が行われますので、その法人や施設の経営(財務)状況についての評価は行われません。また、福祉サービスの質の向上を促すためのシステムのひとつであり、苦情解決制度等、福祉サービスの質を高める他の仕組みと組み合わされることで、より一層、福祉サービスの質の向上が図られることになります。

グループホームとショートステイについては、3年以内に受診をしないと、都加算の申請ができなくなる予定ですので、早めに、かつ定期的に受診を受けるようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

無料レポート:グループホーム開業方法 バイブル


このバイブルをご活用いただくことで、

  • 他の士業の先生は、手続きのことがメインです。でも当事務所ではその後の経営のコンサルタント、アドバイスまで、親身に、全ての関連する作業をワンストップサービスで提供します。
  • グループホームの開業はもちろん、それ以外の例えば労務や個人的な相談、将来のことなども相談ができます。
  • グループホーム開業と経営に関するすべてのノウハウや専門家と提携しているので、オールインワンで対応します。
  • 士業であり、また障害福祉サービス事業の理事もしているので、同じ経営者として悩みや大変なことなどを共感。一人じゃないと安心して開業までたどり着けることができます。

といったことについて、解説します。

ぜひ、あなたのビジネスにもご活用下さい。